“えころん”について

“えころん”はスウェーデン語で
“どんぐり”の意味です。

つづりは“Ekollon”です。

どこにでもあるけど、見つけたら
つい拾い集めたくなる。
そんな
どんぐりのような音楽の体験を、

たくさんの人々に届けたいと思って
名付けました。

2011年3月11日の東日本震災発生から時間がたつにつれ、人々の記憶がどんどん薄れて、各方面からの支援やボランティアの数も減ってきています。これからは全国の皆さんから後方支援を受けて、被災地に近い人間が率先して動く時期に差し掛かっています。

しかし、支援活動を個人のまま動くのでは限界があり(移動中の事故や怪我、活動中のトラブルなど、対応できない事態も想定されます)、長く継続するための母体が必要となりました。

そこで、一般社団法人東北音楽療法推進プロジェクト、略称TMTP(Tohoku Music Therapy Project)、愛称「えころん」は被災地となった三陸の町で、被災した人々に向けて音楽療法による心と体のケアを行ってきた音楽療法士が集まって設立しました。


被災地支援の他、通常業務として各自治体、医療・福祉関連施設、教育機関などでも音楽療法を行い、収益金は被災地支援の活動資金として活用いたします。

◆高齢者の皆さん

老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、デイサービスセンターなどの施設の他、各自治体で行われている介護予防教室などで音楽療法が活用されております。

◆こどもたち

保育園や子育て支援センターで音に親しみながら発達を促す内容の音楽療法を提供しております。お母さんたちも楽しめる内容になってます。

◆障がいを持つ皆さん

知的障がい、精神障がい、身体障がいを抱えた皆さんと一緒に、自分の気持ちを表現するための活動や、仲間作りを目的とした活動、社会で暮らしやすい自分を目指す活動を行なっております。

音楽療法のご依頼、ご相談は当法人事務局までお気軽にお寄せください。


一般社団法人
東北音楽療法推進プロジェクト

(非営利型一般社団法人)

設立
2013/02/06
代表理事
智田邦徳
事務局所在地
〒020-0824
岩手県盛岡市東安庭一丁目8-1
TEL/FAX
019-656-7365

設立メンバー

代表理事
智田邦徳
(日本音楽療法学会認定音楽療法士)
理事
三井和子
(日本音楽療法学会認定音楽療法士)
理事
佐々木良恵
(日本音楽療法学会認定音楽療法士)
事務局
澤瀬康博
顧問
岡崎香奈
(日本音楽療法学会認定音楽療法士
 ・英国および米国公認音楽療法士)